RSS
Admin
Archives

猫の額で土いじり

関東地方のマンション狭小ベランダで育てている植物たちの観察日記です。多肉植物をメインに季節の草花、バラ、ランなどを紹介します。

プロフィール

Author:kyo-co
はじめまして♪♪
kyo-coと申します。園芸初心者です。
大の虫嫌いな私は、ガーデニングなんて縁のない世界だと思っていました。
ところが突然土いじりに目覚めてしまったのです。
飽きっぽい性格なのでいつまで続くかしら・・・
ブログと並行すれば少しは長続きするかしら・・・
そんなこんなでブログまで開設してしまいました。^^;
主に自分のための観察日記となっています。
お花も多肉も初心者でお恥ずかしいのですが頑張って育てています。^^
よかったら仲良くしてくださいねー。(^-^)/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.07
10
Typhoooooooooon!!!

関東地方は今日の深夜から明朝にかけてがピークだそうです。
備えは万全でしょうか?
うちのベランダは最低限の対策のみ。
鉢が転がって隣へ迷惑をかけなけないように。それだけです。^^;

多肉植物の中には雨に濡らしたくないものあるけれど、
風通しの悪い室内に避難させてもどっちにしろリスキーなのだ。
いや、むしろうちの場合は室内の方がキケンかも!? 

うちではほとんどが素焼き鉢植えなので、
風通しの悪い室内に持ち込むと鉢の表面がすぐにカビてしまうんです。
もちろん、素焼きだからカビやすくてキケンというわけではなくて、
それだけ室内は雑菌が繁殖しやすい環境だということ。
プラ鉢だって表面に見えていないだけで、
土の中ではカビをはじめとした微生物たちが・・・もぞもぞもぞと・・・

ちょっと眩暈が・・・ くら~~ ^^;

今、読んでいる本から引用
20170710book2.jpg

家の中のカビをすべて殺し、排除する必要はありません。
すべてのカビが人間にとって有害で不要なものではないからです。
また、カビなどの微生物が存在しない環境、
すなわち、微生物が生きていけないような環境は、良い環境ではありません。
なせなら、人間もカビも地球上に生きる同じ生物なのですから。


家の中を『鉢の中に』、人間を『植物に』置き換えて読んでくださいね。
鉢植え植物もきっと同じ事が言えるんじゃないかなー。

あるラン屋さんに殺菌剤はいくら使っても大丈夫だからと言われたけど、
果たしてそうなのか? 個人的にはちょっと疑問なのです。。
だって人間も(動物も)抗菌剤(抗生剤)等の多用はキケンでしょ。
私は医療従事者ではないので詳しいことはわからないけれど、
治るはずのものが治らない・・なんで? そんな経験ありませんか?

だからといって、無農薬がいい!って言ってるわけじゃなくて・・・

もう一冊、最近読んだ本でおすすめ!
20140710book1__201407101124007eb.jpg

これはバラ栽培の本なんだけど、
根力で咲かせる!ってタイトルがすごいでしょ。
根っこフェチの私にはとくに根っこと微生物の関係についての内容が興味深かったです。
で、その栽培理論はバラのみならず多肉植物や他の植物にも応用できそうです。
また病害虫の対策についても、
小力で最大の効果をあげる農薬散布法が丁寧に記されていますよ。
おすすめの一冊です!

さて、台風で仕事がキャンセルになりました。
今日はゆっくり読書です。^^


+++

おまけ

お迎えした時のお顔は似ても似つかない!?ふたりでした。
20140710005.jpg

いつのまにやら、そっくりになってきたチワワとデカチワワ

20140710008.jpg


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

最後まで読んでいただきありがとうございます♪♪

Blogランキングに参加させてもらってまーす。(*^.^*)

にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 蘭園芸(らん)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

こんにちは^^
そろそろ台風やばいですねー!!
昨日はそうでもなかったので安心して外に出した植物も
今朝の強い風に大慌てで取込み直しました。
ビカクなんか特に虫が潜んでるんだろうなーぞぞぞ。。

ウチも多肉は背の高い子以外は外で我慢してもらいますー
単に部屋に入りきらないだけなんですけどね^^;

ランの殺菌材について
いくら使用しても大丈夫っていうのは
それくらいランは丈夫だっていう事なのかな?

ただ私たちの生活環境の中だと
蘭には免疫がない菌がウヨウヨしてるのだろうし
特に室内だとそれが蔓延してしまうのは時間の問題で
人間の環境に合わせるための必要な定期的なお薬なのかな?
って思ってた次第です。
といってもやっと先日初めて殺菌剤散布したのですけどね^^;

根力で咲かせる!!
なんて魅力的なタイトル!
そうそう、色々と考えながら育ててると
自然に根をイメージして育てるようになってたんですよね。
根っこフェチのkyo-coさん是非色々と伝授していただきたい♡

>小力で最大の効果をあげる農薬散布法が丁寧に記されていますよ。
そう、農薬も殺菌剤もやたらめったらに撒けばいいものではなく
的確なタイミングで与えれば最小限の料で効果を出す事ができますよね。
私もこの本買ってきて勉強しなければ!^^

No title

◆atoaさんへ こんばんはー。

風出てきましたねー。
うちはランだけ取り込みました。
室内ムンムンとしています。
あとでお風呂に移動させよっと。^^;

殺菌剤をいくら使っても大丈夫っていうのは、
どうなんでしょうね??
そこまで詳しくは聞いてないのですが、
とにかく、一にも二にも殺菌予防ですよー。みたいな感じでしたよ。

うちも室内では殺菌剤なしでは厳しいかも~~。
どこまで殺菌剤なしでいけるか? 
試してみたいっていうのもあって実験的に!?
殺菌剤を使わずにやってますが、かなり危ういですよ。
扇風機を至近距離で回し続けてなんとかしのいでいるって感じなので、
うちの場合は、根本的に解決するにはやっぱり風通しなんだと思います。

根力で咲かせるバラつくりの本は、図書館でたまたま見つけたんですけど、
内容がかなり濃くてこれは手元に置いてバイブルにしなきゃ!って感じです。

>色々と考えながら育ててると
>自然に根をイメージして育てるようになってたんですよね。

ほんと、そうなんですよねー。
なんか不調があると、すぐに根っこを疑ってしまいますもんね。
観賞対象の葉っぱよりも
気になって気になってしょうがない根っこなのです。。^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。