RSS
Admin
Archives

猫の額で土いじり

関東地方のマンション狭小ベランダで育てている植物たちの観察日記です。多肉植物をメインに季節の草花、バラ、ランなどを紹介します。

プロフィール

Author:kyo-co
はじめまして♪♪
kyo-coと申します。園芸初心者です。
大の虫嫌いな私は、ガーデニングなんて縁のない世界だと思っていました。
ところが突然土いじりに目覚めてしまったのです。
飽きっぽい性格なのでいつまで続くかしら・・・
ブログと並行すれば少しは長続きするかしら・・・
そんなこんなでブログまで開設してしまいました。^^;
主に自分のための観察日記となっています。
お花も多肉も初心者でお恥ずかしいのですが頑張って育てています。^^
よかったら仲良くしてくださいねー。(^-^)/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.07
06
今朝、気がついた。
20140706002.jpg

焼けてるではないか!!

おそるおそる・・殻をめくってみたら・・・
20140706003.jpg

セーフでした。 ふぅ~~。^^;

今年は旧葉の殻を取り除かないで夏越しします。
島田先生の著書にも、旧葉の殻は植物体を保護する役目をするので、
秋涼しくなるまで取り除かない方がいいと書かれています。

というわけで、グッジョブ旧葉! 笑

20140706011.jpg

こっちも横っ腹ガードです。
リトープスもコノフィツムみたいに上手に殻をかぶってくれたら
夏越しに神経使わなくて済むのに・・・。


やっと旧葉の水分が抜けてきた大津江
20140706006.jpg

脱皮時期は旧葉の水分(と養分)が新葉に早く吸収されるように、
乾燥気味に育てた方がいい。と言うけれど・・・
なかなか教科書どおりにはいきません。。^^;

この大津絵なんかは、お水切っていても全然ダメで、
逆に、『お水を多めにあげたら!』 水分が抜けてきたの。

植物にとって葉っぱは消耗品だから、使えるうちは使って、
新しい葉をしっかり育てて、機能が衰えてきた古い葉は、
ちゃんと頃合いを見て、お役御免とされるんじゃないかなー。

たぶんこの大津絵は、お水をたくさん吸って、新しい葉が育って、
もう古い葉はいらん!!と、植物自身がそう判断したんじゃないかなー。
ちがうかな?どうだろ。。

手前の瑪瑙玉
20140706017.jpg

昨秋お迎えした時まだ赤ちゃんで、脱皮開始時期もいちばん遅かったけど、
でも、脱ぎ出したら早かった。 わずか2、3週間でスカッと脱いだ!

その奥のイナエは旧葉にまだしばらく守られていたい感じ!?
お水を切っても、あげても、私がどんなに世話を焼いても!?
自分のペースを頑として!崩そうとはしません。。^^;

で! 誤解のないように・・・
決して従来の栽培方法に異を唱えているわけじゃなくて、^^;
植物も生き物だからセオリーどおりにはいかないことも多々あるってこと。
人の気持ちを理解するのも大変だけど、
植物の気持ちを理解するのも大変なのです。。
うちのイナエちゃんは何を考えているのでしょうね?
みんなのおうちのイナエちゃんもこんな風にのんびり屋さんなのかなー。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

最後まで読んでいただきありがとうございます♪♪

Blogランキングに参加させてもらってまーす。(*^.^*)

にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 蘭園芸(らん)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

難しいね

こんにちは。
リトの旧葉の件は我が家にとっても難しいところ。
パリパリになってくれる子といつまでたっても水分含んでる子といろいろですよね。
まだ断水をしない今の時期、問題はこの旧葉にカビが生えるという事なんです。
リトの上部が1センチ以上軽石で覆っているのですが、それでも旧葉の潜った部分カビてます。昨年もそうだったの。
なのでそのままにしておけず、怖いからピンセットでそっと毟ってしまいます。
我が家の環境のせいかもしれませんが、ほとんどがカビていました。
鉢内で蒸れるのでしょうね。スリット鉢でもです。
KYO-COさんのところはそんな問題ないですか?

うちでもイナエは遅いですよ~~~(^_^;)

No title

なるほど。
旧葉の殻は植物体を保護する役目をするって、
あるかも!ですね。
枯れてなお、次世代を守ろうとしてるわけですね(涙)
そのまま肥やしになって、土に戻ってくれればなおいっそう有難いですね^^;←おい!

No title

◆キャットママさんへ おはようございます。

同じですよ~もうすでにカビてます~~。
うちはコノフィツムもカビますよ~。
中には真っ黒い殻をかぶったまま夏越しする子もいます。^^;
リトの旧葉つけての夏越しは今年はじめての試みになるのですが、
でもコノフィツムは旧葉のカビが原因で腐った子は今のところなしです。
リトはどうでしょうね。。やってみないとわからないですよね。
ダメだったらまた来年違う方法を探せばいいかなー。
って、そんな風に考えています。

イナエはやっぱりのんびり屋さんなんですねー。
安心しましたー。
キャットママさん教えてくださってありがとうございます!

No title

◆まめこさんへ おはようございます。

植物って知れば知るほど、頭いい!と言うか、
動けない分、環境に合わせる力がスゴイんですよねー。
肥やし! ほんとほんと!
でも、自然界はそうやって循環してますのね。^^

再度お邪魔します

こんばんは。
この件について島田(若)先生にお聞きしました。
ワタシも半分心配だったものですから。
一応簡単に記事にしました。
やはり梅雨期のカビが危険だそうです。
横っ腹ガードについては聞き忘れましたが、私の場合は敷き詰める軽石を足したりしてちょっと守ってあげてる・・・気分です(^.^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

◆キャットママさんへ おはようございます。

先生のところにお電話されたんですね~
やっぱりカビは心配ですものね。
ありがとうございます!!

ふふふ。大丈夫ですよん。
栽培方法に絶対!はないですからねー。
夏の水やり方法だって、
島田先生とは全く違ったやり方を推進されている方もいますしね。
ネットで拾った情報を鵜呑みにしないで、
まずは、自分ちの環境にマッチするか考えることが大切ですよね。^^

先生お元気そうでしたか?
キャットママさんのところに書かせてもらった深く潜ったリトの扱いについて、先生に訊いてもらえばよかった~~。
あ、自分で電話しろって???あはは。。。^^;

No title

◆鍵コメさんへ

リンク、こちらからお願いしようと思っていたところなんです~
ありがとうございます!
うちの方からもリンクさせてもらいました。
今後ともどうぞよろしくです。^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。