RSS
Admin
Archives

猫の額で土いじり

関東地方のマンション狭小ベランダで育てている植物たちの観察日記です。多肉植物をメインに季節の草花、バラ、ランなどを紹介します。

プロフィール

kyo-co

Author:kyo-co
はじめまして♪♪
kyo-coと申します。園芸初心者です。
大の虫嫌いな私は、ガーデニングなんて縁のない世界だと思っていました。
ところが突然土いじりに目覚めてしまったのです。
飽きっぽい性格なのでいつまで続くかしら・・・
ブログと並行すれば少しは長続きするかしら・・・
そんなこんなでブログまで開設してしまいました。^^;
主に自分のための観察日記となっています。
お花も多肉も初心者でお恥ずかしいのですが頑張って育てています。^^
よかったら仲良くしてくださいねー。(^-^)/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.05
29
エケベリアを中心とした夏型ベンケイソウの夏越しについて、
私のやり方を紹介する5回目。最終回で~す。
検索で来られた方は、コチラから → (その1) (その2) (その3) (その4

今日はいろいろテキトーに書いていきます。自分のための覚書きでもあります。
他にもこうしたらいいよ。っておすすめ方法がありましたらぜひ教えてください。^^
また、それはダメだよーってことがありましたら、ご指南どうぞよろしくお願いいたします。


+++

●夏本番を迎えるまでにやっておくこと。

カリ肥料をあげよう!耐暑性が増します!(園芸本受け売り。笑)
根っこがしっかり張ると夏の高温に負けない体力ある子になるんだって。
うちでは緑の微粉ハイポネ使ってます。^^

根っこ張れ張れ!呪文をかけよう。(うそ) 
素焼き鉢って、根っこの張りがめちゃめちゃ早いんですよ。
ちょっとしたコツがいるんですけどね。
根張りのスピードだけで言ったらスリット鉢よりおすすめ!

よーく日に当てよう!(地元のラン屋さん受け売り・笑)
春からしっかり日に当てた子は夏の強光にも負けません。(え?ランの話では?)
そう、多肉と同じCAM植物で、夏は70%遮光といわれる胡蝶蘭でさえ、
春からしっかり日に当てれば、真夏でも遮光なしでいけちゃうって話。 

そういうわけで、過保護にするなー。多肉の底力を信じてあげよう!(おー!)
どんなに過保護にしたところで日本の夏が暑いことには変わりないのです。
だったら、一にも二にも、夏の暑さに負けない体を作ることが大切!(よね?)

でも、過保護にする子もいるよー!(なにそれ?)
春、植え替えさぼって根詰まりしてる子や、根がいじけてる子、
ちょっと弱ってて夏までに回復見込みのない子は今のうちに日陰へ移動。
葉焼けしないように強い光に少しずつ慣らすのと反対で、
少しずつ弱い光に慣らして省エネモードに切り替えさせます。
小難しい言葉で、弱光馴化と言うらしいのだけど、
うまく慣らすことができれば日陰でも徒長させずに育てることが可能です。^^
でも風通しは大切です。

そんなわけで、夏の席替えしなきゃー。今年は日陰席が定員オーバーになりそう。。
去年より調子を崩している子が多いんだわ~~。とほ。


+++

●葉焼けしないように気をつけていること。

まず! 夏の直射光で葉焼けする。という通説を信じるのはやめよー! (え???)
そもそも葉焼けって強い光だけが原因じゃないんです。(小難しい本受け売り。笑)
温度ストレスや乾燥ストレスなど、など、
いろんなストレスが複合的にかかって葉焼けするんだそうです。
だから、葉焼けは多肉の健康を知る上でのバロメーターでもあるんです。
とは言ってもガッツリやっちゃうとツライけどね。。^^;

そんなわけで、夏の直射光でも葉焼けしない
いろんなストレスに負けないだけの体力をつけさせるのだー! (おー!!)

でもね、気をつけてないとすぐに葉焼けしちゃう時もあるんです。。(ん???)
お迎えしたばかりの時とか、植え替えしたばかりの時とか、、、
早い話、“動かした時!”
そもそもねー、植物は動けないのです。(当たり前ですが。。)
なので、環境(置かれた場所)に順応する力は底知れないほどのものがありますが、
“動かされる”ことにはめっぽう弱いようです。

ベランダ栽培なので鉢回しは必要ですが、
『日当たり求めて動かすのやめたら?時々置き場所を入れ替えてあげる程度がいいよ。』
専門家からはこんなアドバイスをもらいました。
昨年の夏ぐらいからこれを実践しています。^^

・・・と、話が葉焼けからちょっと逸れてしまいましたが、

もとい! 葉焼けしないように気をつけていること。

気温差!!!(これはすっごい大切!大切!大切!)
ほどよい気温差は多肉を美しい葉色に変身させてくれるけど、
その限度を超えてしまうと葉焼けとなるので注意!注意!注意! 
もう少し理屈っぽく書くと↓↓↓^^;

植物って相対的に温度を感じているそうな。(小難しい本の受け売り・笑)
つまり、35℃超えの猛暑日だからヤバい!ってわけでもなくて、
ずっと涼しかったのがいきなり暑くなると、
例えそれが30℃以下でも致命的になるんだそうな。。
葉焼け程度で済めばいいけれど、運が悪ければ・・・ひぇ~~(>_<)

というわけで葉焼け注意報が出やすい日は???(いついつ?)
梅雨の合間のいきなり暑くなった日。 とか、
梅雨明け直後のいきなり蒸し暑い日。 とか、
体がまだ暑さに慣れてない時は要注意ですよー。
・・・って、これ、人間の熱中症予防と全く同じで、
植物も暑さに慣れるまではちょっとしんどいんですねー。
そんな時はうちでは無理させず日陰に避難させています。

あとは秋、暑さがぶり返した時は要注意です。
ちなみに私が去年やらかした葉焼けは10月に入ってから。
東京で最も遅い真夏日を更新した日でした。

こんな感じで極端にお天気が変わる時だけ注意してあげれば、
あとはなんとかなる! はず。。 ・・・たぶん。 それ以上のことは神頼み!笑

そんなわけで最近のお天気は極端だから気をつけましょ~。


+++

●その他いろいろ

そうそう、よく雨ざらしがいい。って言うでしょ。(え?言わない?ま、いいや。)
あれは、雨と一緒に空気が補えるからなんですよん。(小難しい本の受け売り・笑)
鉢内に空気を送ってあげると根っこが元気になるそうです。
なので根っこを早く生長させたい時に雨ざらしは有効だそうです。^^

これに発想を得て!?

じつは去年は水を入れたペットボトルをシャカシャカ振って水やりしていました。(は???)
お水に空気を含ませるためですよ~。自分が酸欠になりそうだったけど。。アホ。
去年の日記にも書いてるけど、覚えてる人いないよね?あはは。

で、じつはこれには続きがあってね~~(なになに?)
シャカシャカは疲れちゃうから飲み残した炭酸水使って水やりしちゃったりなんかして。。あは。
これね、“炭酸水栽培”と言って、、ちゃんと科学的にも証明されているらしいんだけど、
試したことある方いますかー?

そうそう、ついでに書いておくと、、(しつこい!ってごめんなさい。。)
最近、水道水に含まれる残留塩素の有害性が気になってます。。。
これってどのくらい悪影響があるんだろうか???


以上で~す。

ぐだぐだと長きにわたり理屈っぽ~~く書いてきました。
決して、園芸は理屈だー!!! とか言ってるわけじゃなくて、
ま、こんな感じで楽しく園芸やってま~す。ってことで誤解のないように。。^^;
最後までお読みくださった方、ありがとうございました!!!

今日は写真なーし。^^;

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

最後まで読んでいただきありがとうございます♪♪

Blogランキングに参加させてもらってまーす。(*^.^*)

にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 蘭園芸(らん)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

こんばんはー!
多肉講座おつかれさまでした!
本当にためになりましたー!

自分の手元にある子をじっくり観察して
どの方法があうか参考にさせてもらいます!
カット寄せ植えのチビちゃんも多いので
今年はちょっと明るめの日陰で様子見かなー♪
それとよく出てくる葉温って大事なんですね。
私も温度計(?)買おうかしら??

やりました〜〜夏の前日の飲み残しの炭酸水!
「これって植物に良さげ」って調べたらやっぱり良かった。
でもあくまでも飲み残しですよー
太っ腹に「植物は炭酸水で育ててます♡」なんて言えない言えない^^

で、残留塩素、気になって調べたところ
どれだけ植物へ有害かはわかりませんが除去方法として
レモン汁1滴垂らすとビタミンCに還元作用があるため、
酸化作用のある残留塩素と反応して分解する(酸化ビタミンC+水+塩)
らしいですよ。(ちなみに1lなら2〜3滴らしいです)
塩が少し気になるところですが、塩害出るほどではないと思いますー

まずは自分で飲む分を試そうと思います!(≧∇≦)



No title

◆atoaさんへ おはようございます。

多肉講座だなんて~~
そんなんじゃないんですよぉぉ。
お恥ずかしいわ。。^^;
でも読んでくださってありがとうございます。
葉温は放射温度計を使って測ってます。
これを使えば猫舌の人は熱々のラーメンでも
火傷しないで安心して食べることができますよん。
な~んてね。あはは。

炭酸水での水やりされたんですねー♪♪
わ~~い。同じこと考えている人がいて嬉しー!!
そうそう、もちろん飲み残しです。^^;
効いているんだかどうだかわからないんだけど、
うちでは根っこの調子が悪い子にあげてます~~。

残留塩素のこともありがとうございます!
炭酸とレモンはいつも冷蔵に常備しているので、^^
早速試してみます~~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

◆鍵コメさんへ はじめまして♪

コメントいただきありがとうございます!
実践内容同じですかー?
わ~♪ 嬉しいです!!
いちおー、本を読んで植物とはこういうものだ。
みたいなのは勉強しているつもりなのですが、
やってることはほんと自己流なので、
同じ事やってらっしゃる方がいると安心します~♪

ほんと暑いですよねー。
お天気も毎年違うし、
植物のコンディションも去年と同じとは限らないから、
去年上手くいったことが今年上手くいくとは限りませんが、
できるだけ植物たちの声を聞くようにして、
無事夏越しできるようにしてあげたいですね。^^

ぜひ、またお気軽に遊びにきてください♪
訪問ありがとうございました!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。