RSS
Admin
Archives

猫の額で土いじり

関東地方のマンション狭小ベランダで育てている植物たちの観察日記です。多肉植物をメインに季節の草花、バラ、ランなどを紹介します。

プロフィール

kyo-co

Author:kyo-co
はじめまして♪♪
kyo-coと申します。園芸初心者です。
大の虫嫌いな私は、ガーデニングなんて縁のない世界だと思っていました。
ところが突然土いじりに目覚めてしまったのです。
飽きっぽい性格なのでいつまで続くかしら・・・
ブログと並行すれば少しは長続きするかしら・・・
そんなこんなでブログまで開設してしまいました。^^;
主に自分のための観察日記となっています。
お花も多肉も初心者でお恥ずかしいのですが頑張って育てています。^^
よかったら仲良くしてくださいねー。(^-^)/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.12
20
おはようございます。
今朝の関東地方は今季いちばんの冷え込みってことで、
ベランダの多肉が心配になり早起きしました。
いちばん冷え込む朝6時、まだ暗くて部屋の中からじゃ確認できませーん。
寒いので外出たくないし、明るくなるの待ってから無事を確認。
早起きした意味なかったしー。^^;
それに、今朝は予報が外れてあまり下がらなかったみたいですね。


+++

リビング前のベランダ開口部いっぱいにパシャリ☆
20121217010.jpg

先日の窓ガラスの交換時に撮ったものです。
工事の邪魔にならないように鉢類の配置はぐちゃぐちゃです。
お見苦しくてすみません・・・・。

ラダーと花台の間がせせこましいですね。もう少し花台をずらして配置しなおそう。

20121217011.jpg

狭いものは、
どの角度で見ても狭いのです・・・。んーーー。
どう撮っても狭いのです・・・。はぁ・・・。

室内窓際にも水槽やら室内管理の植物やらが所狭しと並ぶので、
さらに狭く感じます・・・。

冬休み中にもう少し整理しようと思います。
あ、そうそう、またしばらくおサボりお休みします。^^
明日の記事が年内最後になります。
今年も1年間お付き合いいただきましてありがとうございました!!!


+++

窓際の植物たちです。
20121219003.jpg

真ん中のモロキネンシス、やっぱり外では無理だったみたいで、
急に葉を落としはじめました。慌てて室内へ退避。

まだ外でがんばっている子の中にも葉を落としはじめている子がいます。
風の当たらない場所に移動させたら症状がおさまったので様子見中。
強いと言われる種類の子でも、弱っている子は耐寒性も低下するようなので、
個々の顔色見て体調管理してあげようと思います。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

最後まで読んでいただきありがとうございます♪♪

Blogランキングに参加させてもらってまーす。(*^.^*)
お好きな方をどちらか↓クリックしていただけたら嬉しいでーす。(。-人-。)

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花ブログ ベランダガーデンへ
スポンサーサイト
2012.12
20
本日2回目の更新です。

タイトルの件について、初心者が生意気にすいません・・・。
訪問者様からコメントいただいていますが、
友人らからもメールもらっているので、ここに書かせてもらいます。
また栽培方法については環境や条件次第で大きく変わるので、
あくまでもうちの場合は・・・!! ってことで参考にしてください。

検索またはランキングからこられた方へ
まずうちの環境ですが、千葉県北西部南西向きマンションの8階です。
とっても狭いベランダでコンクリート壁の手すりです。(前記事参考)
育てている植物は、セダム、エケベリア、アエオニウムといったベンケイソウが中心です。

北国にお住まいの方は コチラ→  が参考になるかもしれません。
もう少し詳しく知りたい方は、
『七栄グリーンのコンテナスタイル』を読まれるといいかも♪です。
カイマギョクさん、勝手にリンクごめんね。他の先生にも訊いたら、まさに伊波さんの理論通りなんだって!

前置きが長くなってごめんなさい。以下、私が教えてもらったことのまとめです。

多肉植物の種類によって耐寒性の違いはありますが、
大ざっぱに言って、大抵のものは凍らせなければ外でも冬越しできるそうです。

凍るか?凍らないか?は、
気象条件や置き場所、植物のコンディションによっても大きく変わります。
3℃でも凍る場合もあるし、逆にマイナス3℃でも凍らない場合もあります。
なぜなのかは?あとで。

さて、うちの場合ですが、
マイナス気温にならない限り凍る心配がないので、外で管理しています。
また昨年は多肉棚にビニールを張り、簡易温室風!?にしましたが、
これはやらない方がいいと教えてもらったので、今年は何も対策をとっていません。

なぜ簡易温室がダメなのか?(あくまでもうちの場合です!!)
ビニールを張っただけの簡易温室は、夜になれば外気との差はほとんどありません。
これは去年実証済み。
反対に昼間の温度がものすごく上がるのです。(密封していなくてもです。)
天気が良ければ、外気温10度でも温室の中は夏日(25℃以上下手したら真夏日)です。
そして夜になると冷える・・・この過剰な温度差が植物を弱らせると教えてもらいました。

夜間だけ室内に入れるのも、同じで、
うちの場合、暖房なしでも夜間の室内温度が20℃を下回らないので、
やはり日中との温度差で植物にストレスがかかるだろう。とのことです。

ならば、日中は温室にいれて夜間取り込めば!? と、素人は考えがちですが、^^;
冬場は日射量が少ないので、温度&湿度が高すぎるのは徒長を促すだけだそうです。

つまりうちの場合は簡易温室にしても風除け効果しかないということになりますが、
軒下奥なのでビニールを張らなくても風はほとんど当たらないのです。
だったら、ビニールを張る必要がない。ということになります。

前述の3℃でも凍るというのは、
放射冷却の影響でマイナス気温でなくても霜がおりる時があります。
ベランダのような屋根がある場所では放射冷却の影響は受けにくいのですが、
手すりなどにハンギングしているものは凍る場合があるので要注意です。

逆にマイナス気温でも凍らないというのは、
植物体内の成分濃度が濃いほど凍りにくいんだそうです。
冬場に水切りするのはそのためで体内濃度を高くして凍りにくくするんだそうです。
水は0℃で凍るけど、醤油は凍らない。のと同じ理屈みたいですよ。

ただし、うちの場合は、去年水切り過ぎて根をダメにしてしまったので、
今年は灌水回数多めでチャレンジしてみようと思います。

お水あげたいけど、鉢内の凍結が心配であげられない。
でもやっぱりお水あげなきゃ干からびるー!って時は、室内に取り込んで葉水したり、
加湿器等の使用で空中湿度を高めの部屋で一時管理するのがいいそうです。


以上、長々とお付き合いありがとうございました。

◆検索で来られた方、または通りすがりの方へ
ワタクシ、ウソつきではありませんが、頭はあまりいい方じゃないので、^^;
認識違い等があった場合はご容赦くださいませ。<(_ _)>

◆Yちゃんへ 
急いで書いたので意味不明なところあったらまた連絡してね。
無事に冬越しできますように・・・!!


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

最後まで読んでいただきありがとうございます♪♪

Blogランキングに参加させてもらってまーす。(*^.^*)
お好きな方をどちらか↓クリックしていただけたら嬉しいでーす。(。-人-。)

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花ブログ ベランダガーデンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。